1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. パートナー制度導入を 川崎市人権施策推進協議会が答申

パートナー制度導入を 川崎市人権施策推進協議会が答申

社会 | 神奈川新聞 | 2020年3月21日(土) 05:00

答申を議決する市人権施策推進協議会=17日、川崎市役所
答申を議決する市人権施策推進協議会=17日、川崎市役所

 川崎市の人権施策を審議する市人権施策推進協議会は、性的少数者のカップルを公的に認証する「パートナーシップ制度」の導入を求める答申をまとめ、25日、福田紀彦市長に提出する。法制度や施策の不備がマイノリティーの人権侵害を生んでいるとの認識の下、差別の禁止や当事者支援、啓発活動なども盛り込んだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

性的少数者に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング