1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 判決直後、被告は右手挙げ…「一つだけ」 法廷騒然

やまゆり園 事件考
判決直後、被告は右手挙げ…「一つだけ」 法廷騒然

社会 | 神奈川新聞 | 2020年3月16日(月) 21:11

判決が言い渡された津久井やまゆり園事件の裁判員裁判=3月16日午後、横浜地裁(代表撮影)
判決が言い渡された津久井やまゆり園事件の裁判員裁判=3月16日午後、横浜地裁(代表撮影)

 「主文、被告人を死刑に処する」。約45分間に及んだ判決言い渡し。静まり返った法廷内に青柳潔裁判長の声が響いた。植松聖被告は証言台の前の椅子に腰掛け、膝に手を置いたまま微動だにしなかった。

 午後1時半の開廷直後、裁判長は「主文は最後に告げます」と通告。被告に着席を促し、判決理由の朗読から始めた。厳刑が予想される形で朗読が続く中、黒いスーツ姿の被告は背筋を伸ばし、真っすぐ前を見据えて聞き入った。時折、ふうと大きく息をはき、前方に並ぶ裁判員を左から右へ見渡すしぐさも見られた。

 「閉廷します」。判決言い渡し後に裁判長がそう告げた瞬間、被告は「すみません」と突然右手を挙げ、人さし指を立てて「一つだけ」と言って発言の機会を求めた。「閉廷、閉廷」「傍聴人は退廷して」という裁判所職員の怒号が響き渡り、一時騒然とした雰囲気に。発言は認められず、被告は刑務官6人に囲まれて退廷する裁判長の背中を見送った。

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング