1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 植松被告の判決公判、主文朗読を後回しに 横浜地裁

やまゆり園事件
植松被告の判決公判、主文朗読を後回しに 横浜地裁

社会 | 神奈川新聞 | 2020年3月16日(月) 13:32

判決公判が開かれた横浜地裁=3月16日午前、横浜市中区
判決公判が開かれた横浜地裁=3月16日午前、横浜市中区

 県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)で2016年7月、入所者と職員計45人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた元職員植松聖被告(30)の裁判員裁判の判決公判が16日、横浜地裁で始まった。青沼潔裁判長は、通常は冒頭で朗読する主文を後回しにすると告げた。検察側は死刑を求刑しており、厳しい刑が言い渡される可能性がある。

 公判は事実関係に争いがなく、被告の刑事責任能力の有無と程度が争点。被告は「意思疎通の取れない障害者を殺害する」との動機に基づき、殺傷行為に及んだとされる。こうした被告の思考と行動に、事件前から常用していたとされる大麻がどの程度の影響を与えたかを巡って、検察側と弁護側の意見は真っ向から対立した。

 検察側は、事前に拘束具、刃物を準備した犯行の計画性や、合理的に襲撃を進めたことを根拠に大麻の影響を否定し、「正常心理に基づいた犯行だった」と指摘。動機についても、被告のゆがんだ人格や園での勤務経験から形成されたもので「病的な妄想などではなく、単なる特異な考え方に過ぎない」と述べ、完全責任能力が認められると主張していた。

 弁護側は「被告は妄想や幻聴を発症することもある『大麻精神病』を患った状態だった」として、精神障害の影響で別人格になっていたと反論。大麻の影響で異常な思考に支配された結果、襲撃を実行したとの見方を示した上で「善悪を判断し、行動をコントロ-ルする能力が失われていたか著しく減退していた」と述べ、無罪か減軽を求めていた。

 起訴状によると、被告は16年7月26日未明、やまゆり園に侵入し、包丁で突き刺すなどして入所者19人を殺害したほか、職員2人を含む26人に重軽傷を負わせた、とされる。

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング