1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 共生を求めて(5)行政の裁量権どこまで

やまゆり園 事件考
共生を求めて(5)行政の裁量権どこまで

社会 | 神奈川新聞 | 2020年3月15日(日) 10:00

息子・和希君の就学先を巡って訴訟を起こし、会見で思いを述べる光菅伸治さん(中央)と弁護団=2018年7月、横浜市中区
息子・和希君の就学先を巡って訴訟を起こし、会見で思いを述べる光菅伸治さん(中央)と弁護団=2018年7月、横浜市中区

 人工呼吸器を付けて暮らす川崎市の光菅和希君(8)の就学先を巡る訴訟は、市立小学校を望む本人と保護者の意向に反して県立特別支援学校を指定した教育委員会の判断に、違法性があるのか否かが争点になっている。障害の有無にかかわらず共に学ぶ「インクルーシブ教育」が障害者権利条約で人権として保障されている中、行政の裁量権はどこまで認められるのか。注目が集まる18日の横浜地裁判決を前に、原告側と行政側双方の主張を整理する。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング