1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 審査請求、裁決まで45年 県、敗訴判決の上告断念

審査請求、裁決まで45年 県、敗訴判決の上告断念

社会 | 神奈川新聞 | 2018年5月9日(水) 02:00

 元県職員の男性が1972年に受けた懲戒処分を不服とし、県人事委員会に審査請求を申し立てた裁決に約45年要したのは違法と訴えた訴訟で、県が上告を断念したことが8日、分かった。東京高裁判決は、裁決を取り消して県に慰謝料20万円の支払いを命じた横浜地裁の一審判決を支持し、県の控訴を棄却。同日が上告期限だった。

 黒岩祐治知事はコメントで、「判決内容を精査したが、憲法解釈の誤りなどの上告理由に該当しない」と説明。「控訴審判決を受け入れざるを得ない結果は大変残念」とし、二度と同様の問題が起こらないよう努める意向を示した。

 判決によると、男性は職員研修を妨害したとして、72年2月に減給処分を受け、同3月に審査を請求。県人事委員会は2012年7月に審理を始め、17年3月に請求を棄却する裁決をした。

懲戒処分に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング