1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 宗派超え祈りささぐ 鶴岡八幡宮で追悼・復興祭

3・11東日本大震災9年
宗派超え祈りささぐ 鶴岡八幡宮で追悼・復興祭

社会 | 神奈川新聞 | 2020年3月12日(木) 05:00

3宗教が復興へ祈りをささげた祈願祭=鶴岡八幡宮
3宗教が復興へ祈りをささげた祈願祭=鶴岡八幡宮

 鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮で11日、「追悼・復興祈願祭」が行われ、神道、仏教、キリスト教が宗派を超え、東日本大震災による犠牲者を悼み、復興を願った。震災翌月から始め、今年で10回目。新型コロナウイルスの影響で例年より規模を縮小したが、神職や僧侶、司祭・牧師ら約80人が、被災地へ祈りを重ねた。

3・11東日本大震災9年 「被災地忘れない」胸に 川崎のNPO、駅に写真

 震災が発生した午後2時46分に黙祷(もくとう)。境内で神職らは大祓詞(おおはらいことば)を斉唱、僧侶が読経し、司祭・牧師らは賛美歌を歌い上げた。参拝に訪れた人々も足を止め、ともに追悼し、焼香する姿も見られた。

 祈願祭は同八幡宮のほか、建長寺やカトリック雪ノ下教会など、毎年場所を変えて3月11日に行っている。主催した3宗教関係者でつくる「鎌倉宗教者会議」の事務総長で、浄智寺の朝比奈恵温住職は「距離は離れていても、被災地を忘れていない。今も苦しんでいる方々のために、祈り続けていきたい」と話した。

東日本大震災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング