1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「居場所」利用104人 支援学校28校中18校で実績

新型コロナ
「居場所」利用104人 支援学校28校中18校で実績

社会 | 神奈川新聞 | 2020年3月10日(火) 05:00

神奈川県教育委員会
神奈川県教育委員会

 新型コロナウイルス感染防止の臨時休校に関連し、県立特別支援学校が設置している「児童、生徒の居場所」を104人(6日現在)が利用していることが9日、明らかになった。県教育委員会3月定例会で報告した。

 県教委によると、教員らを配置した居場所は県立特別支援学校全28校(児童生徒数計5695人)が2日から段階的に設けている。このうち18校で利用され、内訳は小学部53人、中学部14人、高等部37人。幼稚部の利用者はなかった。いずれも給食は提供されず、スクールバスの運行は1校となっている。

 また、児童・生徒、保護者らからの問い合わせは、16校49件(5日現在)。主な内容は、▽居場所を保護者同伴で運動場所として利用できるか▽利用手続きなど▽休みの期間▽家庭の様子の報告─などだった。

特別支援学校に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング