1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 脳梗塞のリスクも…血管を傷つける「血糖値スパイク」に注意

女性自身
脳梗塞のリスクも…血管を傷つける「血糖値スパイク」に注意

社会 | 神奈川新聞 | 2018年4月27日(金) 11:01

脳梗塞のリスクも…血管を傷つける「血糖値スパイク」に注意(写真:女性自身)
脳梗塞のリスクも…血管を傷つける「血糖値スパイク」に注意(写真:女性自身)

 「血糖値を制するものが、健康を制す、といっても過言ではありません」

 そう語るのは、『医者が教える食事術最強の教科書』(ダイヤモンド社)の著者でAGE牧田クリニックの牧田善二院長。

 「健康な人の血糖値は空腹時で80~90mg/dl(以下単位省略)。ごはんやパンなど糖質を取れば120まで上がり、やがてゆっくり下降していきます。ところが現代人は、無意識に糖質を過剰に摂取していて、ほとんど依存症に近い状態。そこで血糖値が急激に上昇・下降を繰り返す血糖値スパイクが起こります。この血糖値スパイクが万病のもとなのです」

 血糖値というと、糖尿病がすぐに頭に浮かぶが……。

 「糖尿病はもちろん危険ですが、血糖値スパイクで血管を傷つけることは、脳梗塞や心筋梗塞の引き金になる動脈硬化、認知症、がんにも影響しているといわれています。また肥満になりやすくなり、さまざまな病気を引き起こします。さらに肌の老化まで招くのです」

 体にダメージを与える“血糖値スパイク”を起こさない生活をするためには?

 「糖質は生命維持のためには不可欠です。しかし血糖値スパイクを起こしてしまうたちの悪い糖質の摂取を制限したり、急上昇を招くような生活習慣を改めることも、同じように重要です。そのためには、血糖値の上がり下がりを確認しながら生活するのが理想です。数値も70~140の間にあるのが理想なのです」【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
西城秀樹「自死も考えた…」脳梗塞後遺症との闘い3年間
90%の人の血圧が降下!1日10分でできる血管マッサージ
大橋未歩アナで注目の「若年性脳梗塞」医者が教える前兆
「食事は“肉ファースト”で食べよ!」高血糖対策の新常識
磯野貴理子「何かあたし変…」夫が明かす脳梗塞発症“異変の現場”

健康に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング