1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 刑事責任能力(中)弁護側 大麻で人格が変容

やまゆり園 事件考
刑事責任能力(中)弁護側 大麻で人格が変容

社会 | 神奈川新聞 | 2020年3月7日(土) 16:00

横浜地裁
横浜地裁

 「津久井やまゆり園事件」の裁判員裁判で、植松聖被告(30)の刑事責任能力を否定する弁護側は、その根拠に大麻の影響を挙げた。乱用により大麻精神病を患い、本来とは別人格になっていた被告には、善悪を判断して行動を制御する能力が欠落または著しく減退していたとの見立てだ。無罪を求める弁護側の主張を振り返る。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング