1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 電子マネー詐取の3被告に有罪判決 横浜地裁

電子マネー詐取の3被告に有罪判決 横浜地裁

社会 | 神奈川新聞 | 2018年3月30日(金) 14:59

横浜地裁
横浜地裁

 架空請求の電話をして電子マネーのギフト券をだまし取ったとして、詐欺の罪に問われた住所不定、無職の34歳男性、埼玉県越谷市、無職の36歳男性、住所不定、無職の37歳男性の3被告の判決公判が29日、横浜地裁であり、池田知史裁判官は無職の34歳男性に懲役3年(求刑懲役5年)、無職の36歳男性に懲役2年8月、執行猶予5年(同懲役4年)、無職の37歳男性に懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(同懲役4年)をそれぞれ言い渡した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

架空請求に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング