1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 新型肺炎、相模原で新たに4人感染 患者接触は確認されず

新型肺炎、相模原で新たに4人感染 患者接触は確認されず

社会 | 神奈川新聞 | 2020年2月22日(土) 22:28

新たな感染者の確認について会見する相模原市の本村賢太郎市長(中央)ら=22日午後7時ごろ、同市役所
新たな感染者の確認について会見する相模原市の本村賢太郎市長(中央)ら=22日午後7時ごろ、同市役所

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、相模原市は22日、市内に住む50代の男性会社員と50代の妻、20代の娘2人の計4人の感染が新たに確認されたと発表した。男性は軽症で、妻ら3人に症状は出ていない。感染経路は不明とし、本村賢太郎市長は会見で「新しいフェーズに入った。大変厳しい環境」と述べた。

新型肺炎、取るべき対策・課題は 専門家に聞く

 市によると、男性が今月16日に発熱。17日に市内の診療所を受診し、インフルエンザ陰性の診断を受けた。いったん解熱したが、19日に発熱と倦怠(けんたい)感があり診療所を再び受診。21日に別の医療機関の夜間救急外来を受診後に入院した。熱が下がらず、21日にPCR検査を実施し、翌22日に感染が判明。同日、同居する家族4人についても検査を実施したところ、20代の息子を除く3人が陽性だった。

 男性に直近の渡航歴はなく、16日まで市内の事業所に勤務。これまで患者ら6人の感染が確認されている相模原中央病院(同市中央区)への入院歴はなく、患者との接触も確認されていない。市は家族も含めて疫学調査を進めている。

 事態を受け、市は連休中に危機対策本部を招集し、対応策を検討する。本村市長は人が多く集まる可能性のある市主催イベントについて、「3月末までの不要不急のイベントは対象が特定されている場合であっても中止か延期にする方向で対応する」と語った。

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング