1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 〈時代の正体〉「政権任せられない」 公文書改ざんで官邸前デモ

〈時代の正体〉「政権任せられない」 公文書改ざんで官邸前デモ

社会 | 神奈川新聞 | 2018年3月23日(金) 22:53

公文書改ざん問題で怒りの声を上げるデモの参加者=23日午後8時ごろ、東京・千代田区の首相官邸前
公文書改ざん問題で怒りの声を上げるデモの参加者=23日午後8時ごろ、東京・千代田区の首相官邸前

【時代の正体取材班=石橋 学】財務省の決裁文書改ざん問題に抗議するデモが23日、東京都千代田区の首相官邸前で行われた。安倍昭恵首相夫人の発言に関する籠池泰典被告の説明を受け、1週間前を上回る多くの参加者が「昭恵氏は証人喚問に出てこい」「安倍晋三首相はうそをつくな」と批判の声を強めた。

 大学1年の男子学生(21)は籠池被告の証言に「やはりそうか」と感じた。公文書の改ざんで「国家や社会を成り立たせている信頼と責任という基盤が失われた」。なおも財務省に責任を押し付けようとする安倍内閣に「もはや政権を任せておけない。目に見える形で怒りの意思を示したかった」。主催者が配布したキャンドルライトを首相官邸に向けて掲げた。

 海老名市から駆け付けた主婦(67)は日を追うごとに警察の警備が厳しくなっていると感じる。「抗議の列を分断し、参加者を少なく見せたいという政権の危機感の表れ。デモは私たちの権利。屈せず参加し続ける」と思いを強くしていた。


公文書改ざん問題で怒りの声を上げるデモの参加者=23日午後8時ごろ、東京・千代田区の首相官邸前
公文書改ざん問題で怒りの声を上げるデモの参加者=23日午後8時ごろ、東京・千代田区の首相官邸前

政権批判へ新団体発足


【時代の正体取材班=田崎 基】この日の集会を主催したのは、新たに発足した市民団体「Stand For Truth」。「民主主義の根幹を揺るがす公文書改ざんを許さない」。この数週間、国会周辺での抗議行動への参加をツイッターなどで呼び掛けてきた大学生や会社員、市民団体が結集した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

安倍政治に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング