1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. カジノ強行採決に危機感 民進・江田氏

カジノ強行採決に危機感 民進・江田氏

社会 | 神奈川新聞 | 2018年3月15日(木) 02:00

 「カジノは博打(ばくち)、賭博。国民に不幸をもたらし、子どもの教育上、悪影響を及ぼす。横浜は横浜らしい魅力で繁栄させていけばいいじゃないか、という論陣を張る」

 政府・与党が今国会への提出を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案に反対するのは民進党の江田憲司氏(衆院8区)。14日、ギャンブル依存症問題を取り上げた横浜港運協会(藤木幸夫会長)主催の公開勉強会で語気を強めたが、「残念ながら今の圧倒的多数は与党。最終的に強行採決されたら成立してしまう」と危機感を強める。

 だが、諦めない。「仮に法が成立したとしても、横浜市長が申請しなければ少なくとも横浜に誘致されない」。IRの整備区域は、都道府県か政令指定都市の申請に基づき国が認定するためだ。

 「市民は絶対に林文子市長に決断させない。もし万一、決断したら解職請求(リコール)できる。ただ、私は市長は申請しないと思う」と持論を展開した。

カジノ・リゾート施設(IR)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング