1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 見えない下船、疲労の色濃く 集団感染のクルーズ船乗船者

見えない下船、疲労の色濃く 集団感染のクルーズ船乗船者

社会 | 神奈川新聞 | 2020年2月15日(土) 10:17

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。横浜港沖に停泊した3日から検疫が行われ、乗客乗員から新たな感染者が連日確認されている。14日には80歳以上の希望者が下船したが、依然として3千人以上が待機を余儀なくされている。


【搬送】県内外から救急車がクルーズ船近くに集まり、感染が確認された乗船者の搬送に備えた。運転手らも白い防護服を着て待機した=7日午後1時半ごろ、横浜港・大黒ふ頭
【搬送】県内外から救急車がクルーズ船近くに集まり、感染が確認された乗船者の搬送に備えた。運転手らも白い防護服を着て待機した=7日午後1時半ごろ、横浜港・大黒ふ頭

【不足】船内待機が長引く中、持病などを抱える乗客が日常的に服用している薬が不足。調達を求める声が上がり、垂れ幕が下がった=8日午前8時半ごろ、横浜港・大黒ふ頭
【不足】船内待機が長引く中、持病などを抱える乗客が日常的に服用している薬が不足。調達を求める声が上がり、垂れ幕が下がった=8日午前8時半ごろ、横浜港・大黒ふ頭

 クルーズ船は1月20日に横浜港を出港。同25日に香港で下船した男性(80)の感染が確認されたと香港当局から通報を受け、厚生労働省が異例の「再検疫」を開始。2月5日に乗船者のうち10人から陽性反応が出たことを皮切りに、感染者は増え続けている。

感染者や体調を崩した乗客の救急搬送も

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング