1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「命と向き合って」 遺族ら意見陳述、死刑求める声も

やまゆり園 事件考 公判から
「命と向き合って」 遺族ら意見陳述、死刑求める声も

社会 | 神奈川新聞 | 2020年2月13日(木) 05:00

 県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた元職員植松聖被告(30)の裁判員裁判の第14回公判が12日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。代理人弁護士による代読も含め遺族や被害者家族ら10人が意見陳述し、「命の尊さと向き合ってほしい」と被告に心情をぶつけた。死刑判決を求める意見も出たが、葛藤もにじんだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング