1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 受刑者更生へ連携の輪 横浜刑務所、研究授業に外部知見

受刑者更生へ連携の輪 横浜刑務所、研究授業に外部知見

社会 | 神奈川新聞 | 2020年2月8日(土) 10:34

 受刑者の更生に向けたプログラムなどを充実させるため、横浜刑務所(横浜市港南区)が有識者らの意見を取り入れてきた試みが、広がりを見せている。2007年度から弁護士や大学教授、近隣の中学校長らが研究授業に参加してきたが、地元・横浜市の職員も招いた本年度は報道陣にも初公開。同刑務所は「いろんな立場からの見識を得て、受刑者指導のさらなる充実につなげたい」とさらに連携の輪を広げていく考えだ。

 「使っていた覚醒剤を体から抜くために人身事故を起こした後、逃げた」「事件の主犯から逃げるために無免許で運転し、ひったくりを繰り返した」─。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜刑務所に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング