1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「パート差別やめて」 残業代やボーナス求め、集団提訴

「パート差別やめて」 残業代やボーナス求め、集団提訴

社会 | 神奈川新聞 | 2020年2月4日(火) 05:00

集団提訴に踏み切り記者会見する原告ら=3日、厚労省の記者クラブ
集団提訴に踏み切り記者会見する原告ら=3日、厚労省の記者クラブ

 残業代の未払いや、正社員と非正規社員とで一時金の支払いについて差別的扱いをしているとして、サン・ライフホールディング(平塚市)の介護事業会社「クローバー」(同)の従業員23人が、同社に総額3731万4256円の支払いなどを求め、静岡地裁沼津支部に提訴した。提訴は1月31日付。

 訴状などによると、夜勤中に休憩が取れなかったり、業務開始時間の30分前に仕事を始めなければならなかったりする労働環境だったが、法定時間外労働(残業時間)として計算されず残業代が支払われていなかった。

 また、一時金(ボーナス)をパート従業員に一切支払っていないことについて、労働契約法20条(期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止)に反するとして、未払い賞与の支払いを求めている。

 提訴したのは正社員14人とパート従業員9人で、このうち4人が3日、東京都内で会見した。原告の女性パート従業員は「仕事の内容は正社員と変わらない。差別をやめてもらいたい」と話した。

 サン・ライフホールディングの担当者は「訴状を見ていないため、コメントを差し控えたい」としている。

こちらもおすすめ

未払い問題に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング