1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 県西部で2万軒超停電 電線点検中に事故

県西部で2万軒超停電 電線点検中に事故

社会 | 神奈川新聞 | 2018年1月20日(土) 02:00

 


高所で宙づりになる作業員(右端)=19日午後3時半ごろ、山北町川西(住民提供)
高所で宙づりになる作業員(右端)=19日午後3時半ごろ、山北町川西(住民提供)

19日午後2時40分ごろ、山北町川西の東京電力峰発電所の職員から、「敷地内で事故があり、停電したようだ」と110番通報があった。松田署によると、電線が切れてショートし、点検作業をしていた30代の男性作業員が数十メートルの高さに宙づりとなった。男性は約1時間10分後に救助された。影響で周辺の約2万1千軒が停電した。

 東京電力パワーグリッド小田原支社によると、停電したのは、山北町、松田町、大井町、中井町、静岡県小山町の全域と、小田原市、秦野市の一部。約3時間20分後に全地域で復旧した。


復旧作業に追われる作業員ら=19日午後4時半ごろ、山北町川西
復旧作業に追われる作業員ら=19日午後4時半ごろ、山北町川西

 同社などによると、切れたのは鉄塔間に渡されていた電気が通っていない避雷用の電線。男性作業員が電線の上で点検作業をしていたところ、突然切れ、切れた電線が送電線に触れてショートしたという。現場では男性を含む計6人の作業員が同日朝から作業をしていた。


作業事故の影響で周囲の松田町なども停電し、信号が消え警官らが整理する交差点=19日午後4時すぎ、松田町松田庶子の国道246号交差点
作業事故の影響で周囲の松田町なども停電し、信号が消え警官らが整理する交差点=19日午後4時すぎ、松田町松田庶子の国道246号交差点

 広い範囲で停電したため、公共交通機関などにも影響が出た。JR御殿場線は、約1時間40分にわたって運休、約1300人に影響した。松田署によると、管内の数多くの信号機が消えたため、署員が交通整理に当たった。停電した大井町役場は非常用電源に切り替わったものの、コンピューターシステムがダウンし、窓口業務が停止した。

 


復旧作業に追われる作業員ら=19日午後4時半すぎ、山北町川西
復旧作業に追われる作業員ら=19日午後4時半すぎ、山北町川西

事故を目撃した60代の夫婦は「線が切れてショートし、青白い火花がすごい勢いで出ていた」と話していた。

停電に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング