1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ラグビーW杯、災害、芸能… 横浜で2019年報道写真展

ラグビーW杯、災害、芸能… 横浜で2019年報道写真展

社会 | 神奈川新聞 | 2020年1月12日(日) 05:00

 2019年に国内外で起きた出来事を報道写真で振り返る企画展「2019年報道写真展」が11日、横浜市中区の日本新聞博物館(ニュースパーク)で始まった。事件・事故から自然災害、スポーツ、文化芸能まで、さまざまなニュースの瞬間を切り取った約300点を展示している。


ラグビー日本代表の躍進を伝える報道写真が並ぶコーナー=日本新聞博物館
ラグビー日本代表の躍進を伝える報道写真が並ぶコーナー=日本新聞博物館

 新聞社や通信社の写真記者が撮影した写真を、起きた月のほか、「企画」「動物」「痛い」などのテーマに分けて紹介している。

 日本代表が初の8強進出を果たし、日本中が歓喜したラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会も、テーマの一つに選ばれた。

 1次リーグで強豪のスコットランドを破ってベスト8入りを決め、両手を突き上げて喜ぶ代表選手たちの姿や、神奈川ゆかりの松島幸太朗選手や稲垣啓太選手の活躍を捉えた写真が飾られている。

 報道写真展を毎年楽しみにしているという都内在住の渡辺昭順さん(84)もラグビーファンの一人。「それぞれ面白い瞬間を捉えている」と一点一点を食い入るように見ていた。夫とともに来場した横浜市金沢区に住む水野久子さん(64)は日本戦全戦をテレビで観戦。「日本は強くなった。これからも頑張ってほしい」と感動を与えた日本代表にエールを送った。

 同博物館と東京写真記者協会の主催で、3月29日までの午前10時~午後5時(入館は4時半まで)。入場料は一般が400円、大学生が300円、高校生が200円、中学生以下は無料。月曜休館。問い合わせは同博物館電話045(661)2040。

災害に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング