1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ハマスタ近く 中村川の「最後の」不法係留船 撤去へ

ハマスタ近く 中村川の「最後の」不法係留船 撤去へ

社会 | 神奈川新聞 | 2020年1月10日(金) 21:41

長年、不法係留されている船=JR石川町駅近くの中村川
長年、不法係留されている船=JR石川町駅近くの中村川

 東京五輪・パラリンピックを今夏に控え、県は、会場となる横浜スタジアム(横浜市中区)付近の中村川で長年不法に係留されている船1隻を撤去する。沈み始め、危険性が高まっているが所有者が不明なため、県が河川法に基づき「簡易代執行」として、7130万円と見積もる撤去費用を肩代わりする。県は関係機関と連携し、河川で安全面や景観面での対策を進める。

 中村川を所管する県の横浜川崎治水事務所によると、この船は少なくとも1997年ごろから、JR石川町駅近くの中村川に架かる「西の橋」近くに係留されている。全長33・5メートル、幅9・2メートルで、これまで事務所などとして使われ、護岸には無断ではしごが取り付けられていた。

 男性の出入りが確認されていたが、4年前から無人になり、所有者が分からない状態。船は川幅の半分近くを占める上、沈み始めているため、危険なだけでなく水上交通の妨げとなっている。

 撤去作業は3月末までの予定で、現場で解体して搬送する。所有者が判明した場合は撤去費用を全額請求する。

 県は撤去後、横浜中華街や元町などの観光地に近い立地を生かして、石川町駅前の中村川に親水施設を整備する方針。横浜港や羽田空港などから観光船などで利用できるなど、水上交通のさらなる活用が期待されている。今後は横浜水上署などと連携し、河川を利用する船や水上オートバイなどに対して指導や警戒を強化する。

 中村川には戦後、水上ホテルなどに使っていた船などが多く係留されていたが、現在残るのはこの船のみとなっている。

船舶に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング