1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 鶴見事件で新証拠提出、冤罪主張 横浜地裁

高橋死刑囚 第2次の再審請求
鶴見事件で新証拠提出、冤罪主張 横浜地裁

社会 | 神奈川新聞 | 2017年12月28日(木) 02:00

横浜地裁
横浜地裁

 横浜市鶴見区で1988年、金融不動産業の夫婦が殺害され現金1200万円が奪われた「鶴見事件」で、強盗殺人罪で死刑が確定した高橋和利死刑囚(83)が27日、横浜地裁に第2次の再審請求を申し立てた。弁護団は被害男性の債権処理の記録など2種類の新証拠を提出。真犯人として

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

横浜地裁に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング