1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「小あじ」パックにフグ混入 相模原のスーパー

「小あじ」パックにフグ混入 相模原のスーパー

社会 | 神奈川新聞 | 2020年1月8日(水) 05:00

 相模原市保健所は7日、スーパー「エスポット淵野辺店」(同市中央区淵野辺5丁目)に入る魚介類販売業「山助 淵野辺店」が販売した「小あじ(新潟県産)」のパックに、体長約8センチのフグの稚魚が1匹混入していた、と発表した。

 市保健所は、毒性を持つ可能性があるため、購入者は食べずに販売店、または市保健所に連絡するよう呼び掛けている。

 市保健所によると、5日に9パックを販売。うち6パックの購入者と連絡が取れ、健康被害は報告されていない。消費期限は7日だった。購入者から6日に連絡を受けた販売店が市に届け出た。

異物混入に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング