1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 初公判の審理待つ被害者家族ら 「あの日」と向き合う

やまゆり園 事件考
初公判の審理待つ被害者家族ら 「あの日」と向き合う

社会 | 神奈川新聞 | 2020年1月7日(火) 09:30

 県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)で入所者ら45人が殺傷された事件から3年半。殺人などの罪に問われた元職員植松聖被告(29)の裁判員裁判が8日、横浜地裁で始まる。悲しみ、怒り、後悔…。さまざまな思いを抱えながら、事件と、障害者差別を乗り越えるために「あの日」に向き合おうとする人たちがいる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング