1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 版画カラーコピーすり替え問題 県、未解決踏まえ最終報告へ

再発防止策に寄贈制限も
版画カラーコピーすり替え問題 県、未解決踏まえ最終報告へ

社会 | 神奈川新聞 | 2017年12月2日(土) 12:02

棟方志功の版画とすり替えられたカラーコピー=17日、神奈川県庁
棟方志功の版画とすり替えられたカラーコピー=17日、神奈川県庁

 神奈川県が所有する棟方志功の「板画」がカラーコピーにすり替わっていた問題を巡り、黒岩祐治知事は1日、原画の行方や紛失の原因が未解決の現状を踏まえた最終調査報告書をまとめる考えを明らかにした。100万円以上の美術品は県立近代美術館(葉山町)で保管するとともに県民からの寄贈を制限するといった再発防止策を盛り込み、年内に公表する。

 県は問題が発覚した4月に調査チームを立ち上げ、県警と連携して調査を進めてきた。しかし、「いまだに原画の発見や紛失の時期、原因の特定に至っていない」(黒岩知事)のが実情で、半年間で具体的な進展は見えていない。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

紛失に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング