1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 引きこもり日韓の若者討論 21日、フォーラム開催 横浜

引きこもり日韓の若者討論 21日、フォーラム開催 横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2019年12月20日(金) 05:00

 日韓の若者らが社会問題について語り合う「日韓若者フォーラム」が21日、横浜市磯子区の多目的スペース「NegishiM6」で開かれる。フォーラムの締めくくりには、不登校や引きこもりを経験した若者らによる日韓交流ミュージカルも、新港中央広場(同市中区)で披露される。若者支援などを行うK2インターナショナルグループなどの主催。

 フォーラムは9回目で、青年支援、国際市民交流、文化芸術がテーマ。「日韓の引きこもり支援の現状と課題」として、法政大の樋口明彦教授と、韓国で若者支援活動を行う青年財団のパク・ジェヨンさんが、支援の課題などについて、日韓両国の現状をそれぞれ講演する。また、日韓の若者が「どうすればすべての人が認められる社会がつくれるか」について討論。支援者や家族の交流会も行われる。

 さらに、横浜の街を光で包み込むイベント「ナイトシンクヨコハマ」の会場で、引きこもりなどの経験がある若者によるミュージカル「ジーザス・クライスト・スーパースター」(一部)が上演される。韓国の若者による舞台発表も予定されている。

 いずれも無料。フォーラムは午前10時からで事前申し込みが必要(定員100人)。ミュージカルは午後6時10分から。問い合わせは、NPO法人ヒューマンフェローシップ電話045(762)1435。

不登校に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング