1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. IR議論喚起へ 専門家ら21日にシンポジウム 横浜

IR議論喚起へ 専門家ら21日にシンポジウム 横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2019年12月20日(金) 05:00

神奈川県弁護士会館
神奈川県弁護士会館

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の横浜市内への誘致について考えるシンポジウムが21日、同市中区日本大通の神奈川県弁護士会館で開かれる。専門家がカジノの経済効果やギャンブル依存症をテーマに講演し、誘致の是非を巡る議論の喚起につなげる。同弁護士会の主催。

 講師として静岡大学の鳥畑与一教授と、ことぶき共同診療所の精神科医・越智祥太氏が登壇。鳥畑教授はカジノの収益構造や横浜市にどれだけの経済効果があるのかを説明し、カジノがもたらすさまざまな影響を解説する。越智氏はギャンブル依存症の実態について現場の視点から講演する。

 午後1~4時。参加費は無料で、事前申し込みも不要。問い合わせ(平日午前9時~正午、午後1~5時)は、同弁護士会法律相談課電話045(211)7702。

カジノ・リゾート施設(IR)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング