1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. やまゆり園事件、1月8日初公判 被告の責任能力争点に 

相模原障害者施設殺傷
やまゆり園事件、1月8日初公判 被告の責任能力争点に 

社会 | 神奈川新聞 | 2019年12月14日(土) 05:00

横浜地裁
横浜地裁

 相模原市緑区の県立障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者と職員計45人が殺傷された事件で、横浜地裁は13日、殺人などの罪で起訴された元施設職員植松聖被告(29)の裁判員裁判の主な争点が刑事責任能力の有無と程度になると発表した。初公判は来年1月8日に開かれる予定。

心に傷…再生へ一歩ずつ やまゆり園職員、メンタルヘルス研修
接見の本紙記者に「自分には責任能力がある」 被告の揺らがぬ独善

 同日に行われた公判前整理手続きで決定した。被害者参加制度により被害者参加人と代理人弁護士が公判に出席することや、公判中は一部の被害者参加人などに遮蔽(しゃへい)措置が取られることも決まった。公判前整理手続きは今回で終了する。

 関係者によると、被告は起訴前の精神鑑定で自身を特別な存在と思い込む「自己愛性パーソナリティー障害」と診断された。検察側はこの結果から完全責任能力を問えると判断し、17年2月に起訴した。弁護側は事件直前に大麻を使った影響で精神状態が不安定だったなどと主張して、責任能力の有無や程度を争うとみられる。

 起訴状によると、被告は16年7月26日未明、やまゆり園に侵入し、包丁で突き刺すなどして入所者19人を殺害したほか、職員2人を含む26人に重軽傷を負わせた、とされる。

 公判は全26回の予定で、判決は20年3月16日に言い渡される。

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング