1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 県がインフルエンザ注意報発令 過去10年間で最も早く

県がインフルエンザ注意報発令 過去10年間で最も早く

社会 | 神奈川新聞 | 2019年12月12日(木) 20:01

 県は12日、インフルエンザの流行に伴う注意報を発令した。昨シーズンより3週間早く、過去10年間で最も早かった。

 県健康危機管理課によると、定点観測している県内359の医療機関で、2~8日の1医療機関当たりの患者報告数が12・86人となり、注意報発令の基準(10人)を上回った。地域別(保健所管内)では、厚木が19・06人で最も多く、平塚(17・45人)、横浜市(14・66人)と続いた。

 同課は「来年1月から2月にかけて、さらなる流行が予想される」として、手洗いの励行やマスクの着用などを呼び掛けている。

インフルエンザに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング