1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 台風21号被害十数億円 県内総額、さらに増も

台風21号被害十数億円 県内総額、さらに増も

社会 | 神奈川新聞 | 2017年11月4日(土) 10:29

高潮の影響で護岸が崩れた葉山港=10月23日午前、葉山町(県提供)
高潮の影響で護岸が崩れた葉山港=10月23日午前、葉山町(県提供)

 県内の沿岸部を中心に深い爪痕を残した台風21号の被害総額が、少なくとも十数億円規模に上ることが3日、分かった。高潮による港湾施設の損壊や農林水産業への被害など、県や市町村が把握しているだけでも200カ所を超す深刻な状況。現時点で詳細な被災状況が不明のケースも多く、被害額は数十億円に膨らむ可能性もありそうだ。

 10月22日から23日にかけ、大雨をはじめ高潮や高波をもたらした超大型台風。県によると、23日午前4時に平塚沖の観測所が記録した波の高さは史上最高の7・1メートルに達した。約2時間後の満潮とも重なって高潮が押し寄せ、相模湾沿岸部や三浦半島で甚大な被害が相次いだ。西湘バイパスの一部崩壊や江の島のヨット転倒、住宅の浸水などを除き、県が被災状況の確認や被害額の試算を進めている。

 県によると、漁港など港湾施設は30カ所以上の被害が確認され、被害総額は10億円規模に上る見通し。三崎漁港(三浦市)では防波堤が約150メートルにわたり損壊、葉山港(葉山町)でも護岸が約30メートル崩れた。海岸は10海岸の計20カ所で砂浜が浸食されるなどの被害が生じ、藤沢、茅ケ崎市では浸食の影響で木製遊歩道が損壊した。

 水産業は腰越漁業協同組合(鎌倉市)の定置網が全壊するなど大小10カ所の定置網が被災。江の島片瀬漁協の大型定置網は修復に5千万円以上要するとみられ、定置網だけで「億単位の被害」(県担当者)が見込まれる。漁協施設は全22漁協のうち20漁協で、浸水被害など100件を超す報告が寄せられたという。

 河川は厚木市の荻野川でコンクリートブロックが延べ90メートルにわたり崩壊するなど、8河川13カ所で億単位の被害。道路も横須賀市の国道134号で擁壁崩落といった被害があり、3路線5カ所で数千万円規模になるとしている。

 このほか、藤沢や茅ケ崎、横浜市でビニールハウスが破損するなど農作物被害も発生。土砂災害は鎌倉や相模原市など11カ所で確認されたが、現時点でも被害の全容は把握できておらず、今後さらに増える見通しだ。

減災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング