1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 神奈川地域社会事業賞(上)駅への愛着、原動力に

鴨居駅周辺まちづくり研究会(横浜市)
神奈川地域社会事業賞(上)駅への愛着、原動力に

社会 | 神奈川新聞 | 2019年12月3日(火) 10:30

「緑区遺産ガイドウオーキング」の参加者らに庚申塔について解説する新名さん(左端)
「緑区遺産ガイドウオーキング」の参加者らに庚申塔について解説する新名さん(左端)

 県内の市民団体の活動をたたえる第32回神奈川地域社会事業賞(神奈川新聞社、神奈川新聞厚生文化事業団主催)の表彰式が7日に開かれる。活動が評価された受賞3団体の取り組みを紹介する。

 「この庚申(こうしん)塔に刻まれているのは青面(しょうめん)金剛。手に剣や矢を持って権威を現しています。下には見ざる、聞かざる、言わざるの三猿がいて従順の意味合いを示しています」。秋晴れに恵まれた11月中旬、シニアの一行が、JR横浜線鴨居駅(横浜市緑区)から南へ1・6キロほど離れた丘陵に立つ「辻山の庚申塔」前で説明役の男性の話に聞き入っていた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

地域社会事業賞に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング