1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 免許取り消し無効 黄信号で事故「違反ない」

横浜地裁で判決
免許取り消し無効 黄信号で事故「違反ない」

社会 | 神奈川新聞 | 2016年9月29日(木) 12:33

 黄信号で交差点に進入して人身事故を起こしたとして運転免許の取り消し処分を受けた男性が、県に取り消しを求めた訴訟の判決で、横浜地裁は28日、「違反行為は認められない」として処分を取り消した。

 判決によると、男性は昨年3月、横浜市西区の交差点でトラックを運転し右折の対向車と衝突。県公安委員会は黄信号で交差点に入り、対向車の同乗者にけがを負わせたとして、同8月に免許を取り消し、1年間は再取得できないとする処分を出した。

 大久保正道裁判長は、男性がどの地点で黄信号に気付いたかについて、警察の主張は他の状況に照らして不自然と指摘。実際は停止線に近く、「安全に停止できなかった可能性が否定できない」と認定した。また、対向車の運転手は無免許運転で、「事故は男性の不注意のみで発生したとまでは評価できない」とし、処分を取り消した。

 県警監察官室は「主張が認められず残念。今後の対応は判決内容を検討の上、関係機関と協議をして決めたい」としている。

訴訟に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング