1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 脱走兵、50年後の日本 「良心に従った、後悔はない」

神奈川のベトナム戦争(4)
脱走兵、50年後の日本 「良心に従った、後悔はない」

社会 | 神奈川新聞 | 2017年10月31日(火) 12:47

 ベトナム戦争が激しさを増していた1967年10月、米海軍横須賀基地(横須賀市)に寄港中だった米空母「イントレピッド」から、反戦を訴えて4人の米兵が脱走した。日本の反戦団体「ベトナムに平和を!市民連合」(ベ平連)の支援を受けてひそかに出国した彼らは、所属艦名にちなんで「イントレピッド(勇猛)の4人」と称された。その一人だったクレイグ・アンダーソンさん(70)が、50年ぶりに来日。東京や横須賀、沖縄などを巡り、講演で当時の事情を詳述しながら「良心に従って平和への行動を」と訴えた。

 横須賀基地に近い市民グループ「非核市民宣言運動・ヨコスカ」の事務所を29日、アンダーソンさんが訪れた。当時はベトナム戦争に疑念を抱く米兵たちが、市民と交流する拠点となっていた場でもある。


横須賀の反戦運動の歴史に関する説明を受けるアンダーソンさん(中央)=29日、横須賀市内
横須賀の反戦運動の歴史に関する説明を受けるアンダーソンさん(中央)=29日、横須賀市内

 「当時は徴兵の時代だったから、そうした兵との交流は意味があっただろう」。市民との意見交換で、感慨深げに振り返った。

 南北戦争に従事した軍人を祖先に持つ。軍と関係の深い家系を持ちながらも、ベトナム戦争への疑念との葛藤を抱えながら入隊。空母艦載機の整備を担った。

 だが、北爆を「対空兵器を持たない国への一方的な爆撃」と感じるようになっていった。公民権運動の主導者キング牧師が「米国の誠実さに懸念を抱く者はこの戦争を無視できない」と訴えた演説や、プロボクサーのモハメド・アリ氏が良心的徴兵拒否を表明したニュースにも、心を打たれた。


1968年、南シナ海で洋上補給を受ける米空母イントレピッド(米海軍)
1968年、南シナ海で洋上補給を受ける米空母イントレピッド(米海軍)

 北爆に参加した空母イントレピッドが横須賀に入港した時、艦内で親しくなった同年代の3人と一緒に脱走した。1967年10月23日、20歳のときだった。

 いつものように敬礼して、基地のゲートを出たが、内心では「もう戻らない」と決めていた。電車で東京へ向かう。軍服や身分証も破り捨てた。

 行く先の当てもなく「数日ぐらいで捕まるかも、と覚悟していた」。偶然、東京で…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

ベトナムに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング