1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 〈時代の正体〉「朝鮮学校学費補助停止は差別」高橋哲哉教授が県を批判

〈時代の正体〉「朝鮮学校学費補助停止は差別」高橋哲哉教授が県を批判

社会 | 神奈川新聞 | 2017年10月29日(日) 02:00

朝鮮学校の子どもへの補助金停止を差別と断じる高橋教授=横浜市開港記念会館
朝鮮学校の子どもへの補助金停止を差別と断じる高橋教授=横浜市開港記念会館

時代の正体取材班=石橋 学】県が朝鮮学校に通う子どもへの学費補助金支給を打ち切った問題を考える講演会が27日夜、横浜市中区の市開港記念会館で開かれた。講師の高橋哲哉・東大大学院教授(哲学)は「憲法や国際人権法に反する差別。支給を再開するべきだ」と県の措置を批判した。

 県は教科書に拉致問題の記述がないことを理由にしているが、高橋教授は神奈川朝鮮中高級学校で使われている副教材を紹介し「拉致問題が日朝の歴史を踏まえ、日本の学校以上に丁寧に教えられている。なぜ教科書に書かれていないという理由で差別的に扱えるのか、理解できない」。教育内容に介入する県の姿勢への疑問も重ねて呈した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

朝鮮学校に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング