1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「無投票は危機」 地方議員、なり手不足解消を

地方議会活性化シンポジウム
「無投票は危機」 地方議員、なり手不足解消を

社会 | 神奈川新聞 | 2019年11月15日(金) 05:00

 地方議員のなり手不足を巡り、東北大学の河村和徳准教授(政治学)が14日に東京都内で講演し、「無投票で地方議員が選ばれているのは民主主義の危機だ」と訴えた。今春の統一地方選では、神奈川の県議選(全48選挙区)で無投票が過去最多の13選挙区に上った。各地でなり手不足が深刻化していることを踏まえ、地方議会の在り方に関する積極的な議論を求めた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

地方自治に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング