1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「同じ城郭管理者として」 小田原城に首里城復興の募金箱

「同じ城郭管理者として」 小田原城に首里城復興の募金箱

社会 | 神奈川新聞 | 2019年11月6日(水) 01:43

天守閣改札付近に設置された首里城復興支援の募金箱(小田原市観光協会提供)
天守閣改札付近に設置された首里城復興支援の募金箱(小田原市観光協会提供)

 火災被害に見舞われた沖縄・首里城の再建を支援しようと、小田原市観光協会は小田原城天守閣(小田原市城内)に募金箱を設置した。同協会は「同じ城郭管理者として復興のためにできることをやっていきたい」と寄付を呼び掛けている。

 首里城は10月31日未明、正殿などが全焼した。小田原城の募金箱は11月2日から天守閣改札付近に設置。当面は設置する方針で、集まった浄財は受け入れ先の準備が整い次第、送金したいとしている。

 天守閣では、2016年4月の熊本地震で熊本城が被災した際も復興支援の募金箱を設置しており、現在も寄付を呼び掛けている。

こちらもおすすめ

募金に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング