1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. カジノのないIR開発「国際展示場やクルーズで収益」

IR考
カジノのないIR開発「国際展示場やクルーズで収益」

社会 | 神奈川新聞 | 2019年10月31日(木) 06:00

ハーバーリゾート構想を説明する水上さん=横浜港運協会
ハーバーリゾート構想を説明する水上さん=横浜港運協会

 横浜市が横浜港の山下ふ頭(中区、約47ヘクタール)に誘致を表明したカジノを含む統合型リゾート施設(IR)を考える集いが30日、同ふ頭内で開かれた。超党派の政治家と市民が連携する「カジノを考える市民フォーラム」が主催した第1回会合で、市民ら約120人が参加した。

 カジノなしの再開発を訴える横浜港ハーバーリゾート協会(YHR)事務統括の水上裕之さん(横浜港運協会常務理事)が講師を担い、国際展示場や国際クルーズ拠点、中長期滞在型ホテル、劇場ホールなどを誘致すると高い収益性が見込まれることを紹介。「横浜市財政への大きな貢献ができる。市民の雇用が拡大し、港湾人の雇用が確保できる」と説明した。

カジノ・リゾート施設(IR)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング