1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 台風19号「15号以上の風雨に」 気象台が注意喚起

台風19号「15号以上の風雨に」 気象台が注意喚起

社会 | 神奈川新聞 | 2019年10月10日(木) 17:04

横浜地方気象台が関係機関向けに開いた台風19号の説明会=10日、県庁
横浜地方気象台が関係機関向けに開いた台風19号の説明会=10日、県庁

 大型で猛烈な台風19号で、神奈川県内は週末の12日から13日にかけて、9月の台風15号以上の風雨に襲われる可能性が高まっている。横浜地方気象台は暴風や高波、大雨、高潮への警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、台風の接近に伴い、関東の南海上に停滞する前線も北上するため、県内は11日から雨が降る見込み。台風周辺の発達した雨雲の影響も重なるため、12日正午までの24時間で200~300ミリの大雨になると予想している。その後、13日にかけてさらに雨量が増すため、総降水量は15号を上回る可能性が高いという。

 12日は陸上で風速20メートル以上、海上では同25メートル以上の暴風となり、横浜・川崎では12日夜から13日未明にかけて暴風域に入る可能性が高い。15号と同等かそれ以上の暴風になるとみて注意を喚起している。

 海上はうねりを伴って波が高まり、相模湾を中心に高さが10メートルに達する猛烈なしけとなる恐れがある。13日明け方の満潮が台風の接近と重なる恐れもあり、高潮も懸念されるという。

 気象台は「台風の勢力範囲が広いため、大雨や暴風などが長時間続く可能性がある」として、備えの徹底や早めの避難行動を促している。

台風に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング