1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 氷川丸、使用電力を再生可能エネルギーに切り替え 横浜

氷川丸、使用電力を再生可能エネルギーに切り替え 横浜

社会 | 神奈川新聞 | 2019年9月6日(金) 05:00

日本郵船氷川丸
日本郵船氷川丸

 日本郵船は5日、横浜市中区の山下公園前に係留・公開されている「日本郵船氷川丸」で使う電力を再生可能エネルギーに切り替えたと発表した。

 同社は、市の脱炭素社会の実現に向けた活動「Zero Carbon Yokohama」に賛同。この活動で連携している青森県横浜町の横浜町雲雀(ひばり)平風力発電所でつくられた再生可能エネルギーを100%使うことにしたという。

 日本郵船グループは事業活動を通じて国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する活動を進めており、今回の再生可能エネルギーへの転換はその一環。同社の担当者は「今後も日本郵船氷川丸の保存活用に努めることで、貴重な文化財を次世代につなぐと同時に、持続可能な社会の実現に向けた活動を推進していく」と話している。

氷川丸に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング