1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜各所で「カジノNO」 市民らシール投票や学習会

IR考
横浜各所で「カジノNO」 市民らシール投票や学習会

社会 | 神奈川新聞 | 2019年8月29日(木) 05:00

横浜へのIR誘致の賛否をシール投票で聞く市民団体メンバーら=横浜駅西口
横浜へのIR誘致の賛否をシール投票で聞く市民団体メンバーら=横浜駅西口

 横浜市が誘致を表明したカジノを含む統合型リゾート施設(IR)について、その賛否を問うシール投票や問題点を洗い出す学習会が28日、市内で開かれた。誘致に反対する市民団体がそれぞれ企画。市民の意見を反映する必要性やギャンブル依存症の深刻さを訴え、「カジノNO」の声を上げた。

 市民らでつくる有志グループ「横浜にカジノってどうなの?」は同日午後、多くの買い物客らでにぎわう横浜駅西口で、シール投票を行った。

 「横浜カジノ」は「いる」か、「いらない」かを質問し、それぞれの欄にシールを貼ってもらった。グループによると、1時間半で若い世代からお年寄りまで約500人が投票。ほとんどが「いらない」を選んだ。グループは今後、集計して結果を市に提出する。

 同日夜には、「カジノ問題を考える集会世話人会」が市港北公会堂(同市港北区)で学習会を開いた。市民ら約80人が参加。寿地区(同市中区)でギャンブル依存症患者を診療する越智祥太医師が講師を務めた。

 越智医師は、診療する患者の大半がパチンコ依存症と説明。ゲーム機によるギャンブルの依存性の強さを示した上で「カジノができれば、スロットマシンで依存症患者が生み出される」と指摘した。

 依存症対策についても「業者任せ」と批判し、「カモをつくってもうけようとしている業者が、どれだけ真剣にやるのか」と疑問を呈した。

 学習会では、井上桜市議(無所属)が、林文子市長が2年余り「白紙」としてきたIR誘致表明までの経緯や、今後の市の動向などについて説明した。

こちらもおすすめ

カジノ(IR)、リゾート施設に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング