1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 市民の関心「一度は行きたい」 語られぬ“負の側面”

IR考 誘致表明の波紋(3)
市民の関心「一度は行きたい」 語られぬ“負の側面”

社会 | 神奈川新聞 | 2019年8月26日(月) 05:00

 国内最大級の国際会議場や展示施設、グローバル水準のラグジュアリーホテル、一流のエンターテインメントが提供されるアリーナ、子どもも楽しめるアトラクション施設-。

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を横浜市に誘致すると表明した22日の会見冒頭。林文子市長は、市に構想案を提出した12事業者・グループの提案内容を列挙、こう結論付けた。

 「ビジネス客からファミリー層にも、そして国内外からの観光客だけではなく市民にも、十分に楽しんでいただける統合型リゾート施設が実現される可能性が示された」

 事業者が演出する華やかな世界観に、興味を示す市民は少なくない。「一度は行ってみたい。ラスベガスが目の前で楽しめるなら行ってみたいのと同じ」。ギャンブル自体には否定的な考えを持つ男性会社員(31)も、その構想に関心を寄せる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

カジノ(IR)、リゾート施設に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング