1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 自動運転バスの実証実験スタート 江の島周辺で開始

自動運転バスの実証実験スタート 江の島周辺で開始

社会 | 神奈川新聞 | 2019年8月22日(木) 05:00

交差点を自動運転で走るバス=藤沢市
交差点を自動運転で走るバス=藤沢市

 小田急電鉄(東京都)とソフトバンクグループのSBドライブ(同)などは21日、藤沢・江の島周辺の公道で自動運転バスの実証実験を始めた。県の委託事業で昨年に続き2回目。信号での停止や右折といった技術を新たに取り入れ、実用化に向けた検証を進める。

 自動運転バスは、県立湘南海岸公園から江の島・湘南港桟橋までの片道約2キロを、最高速度40キロで1日5往復する。技術レベルは昨年同様、運転手が同乗するが限定条件下でシステムが全ての運転タスクを実行する「レベル3」。

 今回は経路に信号を組み込み、自動で停止する。「江ノ島入口交差点」では、特殊センサーで対向車の状況を確認しながら右折する。路上駐車車両を回避する技術も確かめる。

 実験は30日まで。将来的な運転手の無人化を見据えて乗務員が同乗し、サービス面の課題も探る。

 県の担当者は「自動運転技術のレベルをもう1段階進めて、東京五輪・パラリンピックの会場となる江の島での運用を目指したい」とし、小田急の担当者は「バスの運転手不足など社会的な課題の解決に役立てたい」と話した

自動運転に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング