1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 平和つなぐ それぞれの特攻、市井の人が犠牲に

戦後74年の夏 
平和つなぐ それぞれの特攻、市井の人が犠牲に

社会 | 神奈川新聞 | 2019年8月16日(金) 08:53

 太平洋戦争末期、旧日本軍が組織した「特別攻撃隊」(特攻隊)。戦局が悪化し、物資も不足する中で採られた軍事作戦は、敵艦船に体当たりする自爆攻撃だった。あまたの若者が爆弾を積んだ飛行機や木製ボートなどで出撃し、その命を海上に散らした。戦後74年。特攻隊員だった伯父を持つ女性は平和の尊さを語り、元隊員…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

特攻隊(太平洋戦争)に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング