1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 被爆男性招き、平和考える 戦争を語り継ぐ大磯の会

被爆男性招き、平和考える 戦争を語り継ぐ大磯の会

社会 | 神奈川新聞 | 2019年8月7日(水) 11:55

 終戦の直前に長崎県で被爆した男性を招き、平和の意味を考える「戦争を語り継ぐ大磯の会」が10日、大磯町郷土資料館(同町西小磯)で行われる。入場無料。

 「大磯の会」は毎夏、戦争体験者や研究者らが講演し、実行委員会の主催で10年目の節目を迎える。今夏は1945年8月9日に長崎市の隣の長与村(現・長与町)で3歳の時に被爆した森徹さん(77)=大磯町=が自らの体験を語る。

 森さんは小学生で全身に紫斑ができ、40歳ごろに白内障、65歳の時に胃がんで全摘出手術を行った。被爆の影響とみられ、大磯町内の小学校などで平和の大切さを訴える活動を続ける。

 戦争と平和を題材にした紙芝居も行われる。午前10時から午後0時半まで。問い合わせは、実行委電話090(7238)6729。

戦争に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング