1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 市民と米兵、基地の街・横須賀で叫んだ「ベトナムに平和を」

神奈川のベトナム戦争(2)
市民と米兵、基地の街・横須賀で叫んだ「ベトナムに平和を」

社会 | 神奈川新聞 | 2017年9月9日(土) 11:28

ベトナム戦争中、横須賀の街で米兵に配られたパンフレット「ヨコスカ・デービッド」
ベトナム戦争中、横須賀の街で米兵に配られたパンフレット「ヨコスカ・デービッド」

 横須賀市の京急線汐入駅前にそびえる「横須賀芸術劇場」が、米軍下士官の集会場(海軍兵員クラブ)だったベトナム戦争当時。週末になると集会場前の路上で、ガリ版刷りのパンフレットを米軍人に配る市民グループの姿があった。

 パンフレットのタイトルは「YOKOSUKA DAVID(ヨコスカ・デービッド)」。少年ダビデが巨人ゴリアテを打ち倒した聖書の説話になぞらえ、巨大組織としての軍に立ち向かう兵士個人の自立を促していた。

 1970年秋の創刊号の表紙は「横須賀基地の兵士への公開書簡」で始まっている。執筆者は匿名の「ヨコスカGI」とある。「われわれは人間だ。番号ではなく人間として扱われるよう求める権利がある」

 基地の街・横須賀のベトナム反戦運動は、軍の在り方や戦争に疑念を抱く現役兵と地元の市民が連帯して、歴史を刻んでいく。基地正門に近い「どぶ板通り」の外れには、平和運動の拠点が構えられ…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

ベトナムに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング