1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 台風6号で激しい雨の見通し 横浜地方気象台が気象情報

台風6号で激しい雨の見通し 横浜地方気象台が気象情報

社会 | 神奈川新聞 | 2019年7月27日(土) 10:12

 横浜地方気象台は27日、台風6号に関する気象情報を発表し、神奈川県内は28日明け方にかけて断続的に激しい雨が降り、大雨になるとの見通しを明らかにした。大雨、波浪の各警報を発表する可能性があり、土砂災害や低い土地の浸水、強風や高波などへの注意を呼び掛けている。

 気象台によると、三重県南部に上陸した6号は進路を東寄りに変えて東日本の太平洋側を進む見込み。27日夜に熱帯低気圧に変わり、28日夜には関東の東海上に達するとみている。

 台風周辺の発達した雨雲や暖かく湿った空気の影響で大気の状態が非常に不安定になっており、県内は27日夕以降、雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨が断続的に降る見込み。28日朝までの24時間に予想される雨量は東部の多い所で50ミリ、西部で80ミリとしている。

台風に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング