1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 差別のない明日へ 誓いの集い各地で

やまゆり園事件3年
差別のない明日へ 誓いの集い各地で

社会 | 神奈川新聞 | 2019年7月27日(土) 05:00

 相模原市緑区の県立障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人が殺傷された事件は発生から26日で3年。現場となった園の管理棟前に献花台が設けられ、県内各地で集会が開かれた。「差別のない社会を作り上げます」-。子どもが、若者が、障害者が、犠牲となった19人への誓いを胸に鎮魂の祈りをささげた。

「誰もが命は平等」 大学教授の佐々木さん


献花台で手を合わせる佐々木さん=相模原市緑区の津久井やまゆり園
献花台で手を合わせる佐々木さん=相模原市緑区の津久井やまゆり園

 「どんなに苦しかったか、どんなに痛かったか。この事件が社会に与えた負の大きさは計り知れない」。静岡県立大短期大学部教授の佐々木隆志さん(62)は、色とりどりの花で彩られた献花台の前で手を合わせた。社会福祉学を専門にする研究者として、そして障害のある子の親として。

 「障害者は生きていることが不幸だ」「生まれてこなければよかった」

 事件直後、自閉症の三男豪さん(23)の様子が変わった。テレビに映る植松聖被告(29)の姿におびえ、これまで口にしたことのない言葉を発するようになった。以来、息子がパニックを起こさないように自宅で「植松」は禁句になった。

 障害者はいなくなればいい-。事件後、植松被告が供述したとされる言葉に強い衝撃を受けた。真意を確かめるために手紙を送り、拘置所に足を運んだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相模原障害者施設殺傷に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング