1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 火災共済事務怠り、停職1カ月 県が職員処分

火災共済事務怠り、停職1カ月 県が職員処分

社会 | 神奈川新聞 | 2017年8月11日(金) 02:00

 県は10日、火災共済事務を怠ったなどとして、横須賀県税事務所の男性主任主事(38)を停職1カ月の懲戒処分にした。

 県人事課によると、主任主事は財産経営課に所属していた2015~16年度、県有施設の火災時の損害を補償する火災共済に関する事務などを怠り、上司らに虚偽の説明をした。掛け金の支払い遅延が4件、加入申し込みの怠り6件、市町村交付金の交付誤りなどが16件あったほか、被災施設で適用できないケースも1件あった。県の聞き取りに「目の前の他の業務を優先し、後で処理しようとして遅れた」と話している。

 監督責任があるとして、県は同課長ら4人を文書訓戒や口頭訓戒などとした。

懲戒処分に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング