1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 殺人罪被告に無罪判決、相模原刺殺 検察立証不十分、地裁

殺人罪被告に無罪判決、相模原刺殺 検察立証不十分、地裁

社会 | 神奈川新聞 | 2019年6月1日(土) 05:00

横浜地裁
横浜地裁

 相模原市南区の路上で2017年12月、男性=当時(60)=が刺殺された事件で、殺人の罪に問われた無職の被告(41)=同区=の裁判員裁判の判決公判が31日、横浜地裁であった。田村政喜裁判長は、検察側が示した証拠からは被告が犯人であると証明できないとして、無罪(求刑懲役18年)を言い渡した。

 公判で検察側は、犯行現場に被告の眼鏡などが落ちていたことや、事件後に被告の自宅アパートから被害者の血液が付いた自転車が見つかったことなどを根拠に、被告が犯人と主張。被告は無罪を求めていた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

無罪に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング