1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 21日朝、県内大荒れの見込み 気象台が注意呼び掛け

21日朝、県内大荒れの見込み 気象台が注意呼び掛け

社会 | 神奈川新聞 | 2019年5月20日(月) 19:18

 横浜地方気象台は20日、県内は21日明け方から朝にかけて激しい雷雨や高波、突風の恐れがあるとの気象情報を発表した。通勤・通学時間帯に大荒れとなり、交通機関に影響が出る可能性がある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などへの警戒を促し、落雷や竜巻にも注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、21日は本州を通過する寒冷前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、県内は大気の状態が非常に不安定になる見込み。雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る所があり、午後6時までの雨量は東部の多い所で150ミリ、西部は180ミリと予想している。大雨警報や波浪警報が発表される可能性が高いという。

雷雨に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング