1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 殺人容疑で川崎の16歳少年を家裁送致 包丁で祖父切る

殺人容疑で川崎の16歳少年を家裁送致 包丁で祖父切る

社会 | 神奈川新聞 | 2019年5月17日(金) 19:36

 祖父=当時(76)=を包丁で切り付けて殺害したとして、横浜地検川崎支部は17日、殺人の疑いで、川崎市幸区に住む当時中学3年生の少年(16)を横浜家裁川崎支部に送致した。同支部は処遇に関する家裁への意見内容を明らかにしていない。

 家裁は同日、少年に対して2週間の観護措置を決定。今後、少年審判を開始するかなどを判断する。

 少年は1月15日、川崎市川崎区の祖父宅で、祖父の顔を殴り、包丁で額を切り付けるなどして殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。祖父は翌16日に死亡。同支部は刑事責任能力の有無や程度を調べるため、同30日から5月13日まで少年を鑑定留置していた。

こちらもおすすめ

少年犯罪に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング